資格と開業の知識0の常勤会社員が
爬虫類ブリーダーになるには?
令和2年以降の動物取扱責任者の認可と開業
動物取扱責任者

会社員を続けながら実務経験を積む方法②他社で働く【動物取扱責任者】

『あにまるハンド。』です。

本記事では会社員を続けながら、実務経験を積む方法を考えていきます。

動物取扱責任者の認可要件は4つあり(動物取扱責任者等|東京都愛護動物センター)、私は資格等+実務経験で目指しています。

前回に引き続き、本業がある中で実務経験にをどのように取得すればいいか検討します。今回は他社で働く、即ちパートやバイトで実務を積む場合の制約や課題を考えました。

結論から言うと、非常勤240日以上の定義について今一度都道府県に確認する必要があると感じています。

アルバイトやパートで実務経験を積むための選択肢

アルバイトやパートで実務を積む場合の注意事項

注意:本記事は、会社員を続けながら実務を得るための検討であり、実現可否を決定するものではありません。

過去の記事はこちら
愛玩動物飼養管理士は以下の記事も参照ください。

実務経験を東京動物愛護相談センターに問い合わせました【動物取扱責任者】
愛玩動物飼養管理士(2級)について
愛玩動物飼養管理士の受講案内を紹介

↓は日本愛玩動物協会のHPです。
資格者は全国に約20万人のペットの資格!【愛玩動物飼養管理士 2級・1級】

アルバイトやパートで実務経験を積むための選択肢

今の会社に在籍しながら、他の業務でアルバイトやパートを行うことで実務経験を積む選択肢を考えてみます。大きく分けて、今の業務と掛け持ちを行うパターンと、会社を一時的に休職しその期間中にアルバイトやパートを行うパターンが考えられます。

先に前提と実務経験の条件を確認します。

会社に在籍しながら実務経験を積む前提と条件

社会人を続けながら実務経験を積む、前提と条件です。

前提

①第一種動物取扱業で規定時間の業務

動物取扱責任者としての認可を受けるには、第一種動物取扱業で活動している雇用先で経験を積む必要があります。非営利の第二種動物取扱業では実務要件にならないのでご注意ください。

②現在の会社への在籍は続ける

こちらは現在の会社の在籍が前提です。間口を広げると、在籍して休職を取得することで実務経験を積む時間を確保する選択肢があります。

条件

①通常勤務で180日以上
②非常勤務で240日以上

東京都愛玩動物愛護センターに相談したときに聞いた条件をベースにします。

ここでわからなくなったのが、この日数が在籍期間なのか、実務経験の日数なのかです。

通常勤務半年に対して、180日以上と解釈されるのであれば直接勤務をしていない休日もカウントされることになります。

同じ考えで非常勤も土日3時間の非常勤雇用形態の場合で、在籍期間なら8か月程度、実務経験日数の場合は5年近くと解釈により大きな差が出ることになります。

この考え方は都道府県に今一度確認しておこうと思います。

実務経験の選択肢:①不定期で非常勤務の場合

非常勤務のカウントが勤務日だった場合は、240日以上の勤務数が必要になります。東京都の場合は一日当たりの勤務時間の制約はなさそうでした。

a. 土日に非常勤

このパターンは雇用側もバイト側も調整がしやすいかと思います。半面、休日がなくなるので健康面には十分ご配慮ください。

b. 終業前後に非常勤

こちらは定時で業務が終わる、或いは夜勤の方が就業前に実務を積む場合になります。こちらも非常に負荷が高いので健康への配慮が必要です。

c. 不定期に非常勤

こちらはイベント前の準備など不定期のフォローになります。親しいペットショップや第一種動物販売業の個人事業主がいる場合、選択肢として良いかと思います。

難点は非常勤務日数でのカウントの場合、規定日到達までが長くなることと、雇用主の従業員雇用の負荷が発生することです。

個人事業主の雇用については以下を参照ください。

雇用を行う場合に必要なこと①準備編【個人事業主(フリーランス)】

雇用を行う場合に必要なこと②届出・税務・保険【個人事業主(フリーランス)】

実務経験の選択肢:②休職して通常勤務/非常勤務の場合

在籍している会社を休職することで、実務経験を行う場合の選択肢です。実務経験は通常勤務、非常勤務のいずれも選択可能と思います。

d. 休職期間に常勤

一番現実的かと思います。期間もあらかじめ雇用先との調整が完了しているのであれば、最短半年の休職で実務経験を積むことも可能と思います。

雇用側のメリットも加味すると1年くらいの休職は見た方がいいと思います。

e. 休職期間に非常勤

3年間などまとまった休職期間が取れるのであれば、開業に向けた準備の傍ら、非常勤務を行うのも手かと思います。半面、休職期間が長いので会社とはよくよく相談が必要と思います。

f. 休職期間に非常勤(掛け持ち)

こちらは確認が必要です。実務経験証明書が2社の雇用主からの合算で認可されるのであれば、非常勤務の掛け持ちを行うことで短期で要件を満たせるかもしれません。

アルバイトやパートで実務を積む場合の注意事項

会社に在籍しながらパートやバイトを行う場合の注意事項です。

雇用契約や労働法の確認

在籍している会社の就業規則で副業が可能か確認しましょう。私の会社の場合、副業ではなくて兼職という形で申請を行えば問題ありませんでした。

また、上司に軽く確認したところ業務への影響がないのであれば申請は通りそうでした。

蛇足ですが、私の会社では個人事業の設立は特に届は必要なく、法人の設立や法人に属する(パート, バイト含む)場合は申請が必要でした。

適切な副業や追加の職種を見つける

雇用先をどう見つけるか、課題になります。第一種動物取扱業の要件以外に、非常勤務の場合は取り扱う生物種や職業種別も起業の目的を合致させる必要があります。詳しくは東京都愛玩動物愛護センターに相談を参照ください。

ネット求人のほか、各都道府県が公表している第一種動物取扱業登録簿を基に問い合わせするのも手かと思います。

第一種動物取扱業者登録簿(令和5年3月31日現在)|神奈川県

雇用の条件やスキル、特に実務経験証明書の発行を依頼することは事前に確認が必要です。

スキルは以下がおすすめかと思います。
資格者は全国に約20万人のペットの資格!【愛玩動物飼養管理士 2級・1級】

在籍会社との業務掛け持ちによる健康管理

生き物の世話は神経を使います。在籍している会社と業務掛け持ちを行う場合、いずれの会社への業務責任に合わせて生き物の命を取り扱うことになります。ご自身の健康を害さないように注意してください。

休職による所得の低下

一時的に在籍する会社の休職を行う場合は、所得が低下する可能性があることにも注意が必要です。また、休職自体が大学に通うなど在籍会社でのステップアップを目的に就業規則が定められている場合もありますので、こちらも確認が必要です。

まとめ

会社に在籍しながら実務経験を積むための選択を検討しました。いずれも難しい条件ではありますが、非常勤務で実務証明書の発行について雇用主と折り合いがつくのであれば実現可能性が高いように思いました。

私自体はサイト運営スキルや愛玩動物飼養管理士を取得して、雇用頂いた場合も相手に損がないような状況を作ってから実務経験を具体化していこうと考えています。

また諸々を確認した上で記事にします。

資格者は全国に約20万人のペットの資格!【愛玩動物飼養管理士 2級・1級】

本記事は以下の書籍を参考に作成しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA