資格と開業の知識0の常勤会社員が
爬虫類ブリーダーになるには?
令和2年以降の動物取扱責任者の認可と開業
愛玩動物飼養管理士(2級)

愛玩動物飼養管理士(2級)について

『あにまるハンド。』です。

愛玩動物飼養管理士(2級)について記載します。受験を目指す方への参考になれば幸いです。愛玩動物飼養管理士の受講案内を紹介も参照下さい。

↓は日本愛玩動物協会のHPです。
資格者は全国に約20万人のペットの資格!【愛玩動物飼養管理士 2級・1級】

動物取扱責任者の認可を資格等と実務/飼養経験で考えている方におすすめ

販売の種別での動物取扱責任者の選定要件

・11月と2月の2回/年の試験あり。(2月度試験は’23年8月15日まで受付中)

・受験資格は該当年度の4月1満日時点で満15歳以上。

・学習は専用教材のスクーリング(オンライン)と課題提出

・費用は合算で40,000円(内訳:受講受験料32,000円, 認定登録料8,000円)

・資格取得後の更新の必要は不要

動物取扱責任者の認可要件の一つである、公的資格等に該当します。

公益社団法人日本愛玩動物協会の通信教育によって体系的に修め、所定の試験に合格し、協会より認定登録が行われています。

 

愛玩動物飼養管理士(2級)の特徴

第一種動物取扱業に該当する7つの業種種別(販売、保管、貸出、訓練、展示、競り、譲受)のいずれにも適用可能な資格等に該当する点だと思います。

事業主が第一種動物取扱業を行う場合、種別ごとの申請が必要となります。併せて、動物取扱責任者の登録も必要となりますが、動物取扱責任者として認可されるには、それぞれの種別ごとの実務経験/飼養経験と「対応した資格等」が要件となります。※実務/飼養経験と資格等で認可を受ける場合。

第一種動物取扱業の届出には、以下が必要。※実務/飼養経験と資格等で認可を受ける場合。

「種別ごとの第一種動物取扱業申請」+「種別ごとの実務経験/飼養経験 と 対応した資格等を持つ動物取扱責任者の登録」

長くなりましたが、愛玩動物飼養管理士(2級)は7種別のいずれにも対応した資格等に該当するので、該当種別の実務/飼養経験があればいずれの種別の動物取扱責任者の認可が受けられると思います。

愛玩動物飼養管理士(2級)の認定試験

受験資格:その年度の4月1日時点で満15歳以上の者となっています。

認定試験:年に2回。11月と2月。2月の方が小規模で試験会場も少ないようです。

申込時期:11月試験(2月1日から4月15日),2月試験(6月1日から8月15日)

合格率 :80%前後と言われています。

HPによると、2022年は合格9490/受験者11854≒80%ですね

費用  :合算で40,000円(内訳:受講受験料32,000円, 認定登録料8,000円)

→通信教育/認定試験で32,000円、合格後に認定登録に8,000円かかるようです。

また、一度認定を行ったら更新は必要ないようです。

資格者は全国に約20万人のペットの資格!【愛玩動物飼養管理士 2級・1級】|公益社団法人日本愛玩動物協会

 

私は’24年2月の受験に向けて資料請求中です。情報が入り次第また報告しますね。
追記:資料入手しました。愛玩動物飼養管理士の受講案内を紹介

公益社団法人日本愛玩動物協会では愛玩動物飼養管理士(1級, 上級)と適正飼養の普及啓発のための上位資格や顕彰制度もお持ちでした。私自身が愛玩動物を飼養する身であり、頭の下がる想いです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA