資格と開業の知識0の常勤会社員が
爬虫類ブリーダーになるには?
令和2年以降の動物取扱責任者の認可と開業
愛玩動物飼養管理士(2級)

テキスト紹介 第3編 第3章 泌尿器【愛玩動物飼養管理士2級】

『あにまるハンド。』です。

愛玩動物飼養管理士2級 テキストの紹介です。テスト前の復習や内容が知りたい方にオススメです。

第3編 第3章は泌尿器です。泌尿器は腎臓、尿管、膀胱、尿道で構成されています。全5ページの分量です。

受講希望時は併せて受講教材の紹介(2級)【愛玩動物飼養管理士】も確認ください。

以下の日本愛玩動物協会のHPから資料請求できます。
資格者は全国に約20万人のペットの資格!【愛玩動物飼養管理士 2級・1級】

動物取扱責任者関連のリンクはこちら

 

本ブログは↓を参考にライティングしています。
読みやすいです。

第1節 腎臓の構造

動物が取り込んだ酸素や栄養分は不要なものも含んでいる。また、各器官で老廃物も蓄積される。これらを体外へ排出したり、化学反応で無害なものに作り替える必要がある。

第2節 腎臓の機能

栄養分からエネルギーを取り出すには酸素が必要な酸化作用である。栄養素は分解されることでアンモニアを発生させる。アンモニアは毒性が強く細胞を傷つけるので、肝臓で毒性のない尿素に作り替える。尿素は腎臓に運ばれ、水で薄められて尿として排出される。鳥類や爬虫類ではアンモニアは尿素ではなく尿酸に作り替えられる。尿酸は水に溶けにくく毒性がないことから、水を節約するための工夫と考えられる。

腎臓

多数の腎小体(マルピーギ小体)と尿細管、集合管、血管が集合してできている。

腎小体は糸球体とそれを包むようなボーマン嚢からできている。

尿生成は腎小体でのろ過と尿細管の吸収により行われる。ろ過された原尿は尿細管で再吸収により体内の水分や塩分調整に寄与している。

再吸収を終えた原尿は尿として尿管に送られ、膀胱に蓄えられる。

腎小体と尿細管の1組をネフロン(腎単位)と呼び、人では200万個、犬では80万個、猫では40万個ある。

膀胱

腎臓から送られてきた尿が一時的に蓄えられる。一定量を超えると尿意を感じさせ体外に排出される。

第3節 体液の調整

動物の体は65%程度は水で出来ている。これを体液と呼び、そのうちの60%は細胞内液と呼ばれる。残りの40%は細胞外液と呼ばれる。体内の水分調整には腎臓の血液ろ過と尿排出が大きく関わっている。

まとめ

泌尿器についても動物感の大きな違いはありません。各組織の特徴と作用を理解することが大切です。

資料請求はこちら。
資格者は全国に約20万人のペットの資格!【愛玩動物飼養管理士 2級・1級】

動物取扱責任者関連のリンクはこちら

本ブログは↓を参考にライティングしています。
読みやすいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA