資格と開業の知識0の常勤会社員が
爬虫類ブリーダーになるには?
令和2年以降の動物取扱責任者の認可と開業
愛玩動物飼養管理士(2級)

テキスト紹介 第3編 第4章 皮膚と感覚器【愛玩動物飼養管理士2級】

3章も終わりです。

『あにまるハンド。』です。

愛玩動物飼養管理士2級 テキストの紹介です。テスト前の復習や内容が知りたい方にオススメです。

第3編 第5章は皮膚と感覚器です。外界からの刺激を受容するために発達した器官を感覚器といいます。視覚、聴覚、平衡感覚、味覚、嗅覚、皮膚感覚を指します。全5ページの分量です。

受講希望時は併せて受講教材の紹介(2級)【愛玩動物飼養管理士】も確認ください。

以下の日本愛玩動物協会のHPから資料請求できます。
資格者は全国に約20万人のペットの資格!【愛玩動物飼養管理士 2級・1級】

動物取扱責任者関連のリンクはこちら

 

本ブログは↓を参考にライティングしています。
読みやすいです。

第1節 皮膚の構造と機能

第1章も参照。皮膚感覚は感覚細胞により起こり、接触覚、圧覚、温度覚、痛覚がある。痛覚以外は徐々に感覚が鈍くなる順応が起こる。聴覚の可聴域より低い音は圧覚で感知される。

第2節 特殊感覚(視覚・聴覚・味覚・嗅覚)

視覚

ヒトなどの霊長類、ネコ、フクロウのように顔の前面に左右の目が並んでいることを両眼視と言う。獲物や枝への距離が正確に測定できる。草食動物は目が顔の左右にはなれ、視力は弱いが視野は広い。

目の基本構造は角膜、眼房、水晶体合わせたレンズと絞りに当たる虹彩と瞳孔、フィルムに当たる網膜からなる。

角膜

水晶体

虹彩

硝子体

網膜

杆状体

錐状体

聴覚と平衡感覚

 

外耳

中耳

内耳

味覚・嗅覚・皮膚感覚

 

まとめ

動物は外界からの情報を検知し、何をすべきか判断しています。そのための感覚器の機能の理解が重要です。

 

資料請求はこちら。
資格者は全国に約20万人のペットの資格!【愛玩動物飼養管理士 2級・1級】

動物取扱責任者関連のリンクはこちら

本ブログは↓を参考にライティングしています。
読みやすいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA