資格と開業の知識0の常勤会社員が
爬虫類ブリーダーになるには?
令和2年以降の動物取扱責任者の認可と開業
サイト運営

WordPressとは。テーマやサイト作成の仕組み【サイト運営】

『あにまるハンド。』です。

本記事ではレンタルサーバーの契約からサイトの運営までを記載しています。手順は以下の動画を見ながら進めました。

WordPressスタート全手順を優しく解説(ConoHa WINGサーバー契約・インストール・初期手順)|mikimiki web スクール

過去記事はこちら

 

Woredpressはコンテンツ管理システム。サイト構築と運用管理が可能。

WordPressとは

先にWordpressについて記載する。タイトル回収を兼ねている
Wordpressとはコンテンツ管理システム(CMS: Contents manegement system)
だ。

私はネット環境下でのサイト構築から運用管理~セキュリティまで管理するシステムと理解した。

図示すると以下のようになる。

また、Wordpressでは運用に合った「テーマ」というテンプレートを持っている。そこで、私は費用をかけて「JIN」を選択した。なお、「Cocoon」の場合は初期コストはかからない。

レンタルサーバ契約~Wordpressによるサイトの構築

レンタルサーバー契約後、動画に従い「サイトのセキュリティ設定」を行う。WordPressは知名度が高いため海外からのハッキングも多い。そのため、不要なアクセスはシャットする設定が勧められた。

なお、この時点での私の理解は、Wordpress??
あー、ワープレね。はいはい、ワープレ。あれね。状態であった。

 

試しにWordpressをネットで検索をかけてみる。

WordPressHPより

簡単に言うと、最高レベルのマネージド

WordPressホスティングサービスです。

 

フォントも内容もでっかく来た。
縦読みを疑い「カンガタwo-」と発音してみたが簡型はなさそうだ。

ホスティングって何だろう、閲覧を続けると親切にもサイト下部にリンクを発見!

 

 

 

 

 

さっそくクリックしてみる。

 

WordPressHPより

「つまり最高レベルのマネージド型
WordPressホスティングサービス」

そこには、理解の悪い子に対して噛んで含めるような説明がそこにはあった。
とても大きなフォントで。

結局、Wordpressとは何か。

つまりも最高レベルのため、独自に調査した結果の理解が本日のポイントである。

再度、図で示す。

WordPressを使用しない場合、HTML※のようなWeb言語を駆使して、サイトという家を一から自分で建てる必要があるのだろう。
※ハイパーテキストマークアップランゲージ

 

 

今回はWordpressを使っている。それにより、サイト構築の基礎部分をWordpress が担ってくれるのだろう。

実際にサイトドメインを決定後、表示された管理画面のサイトURLを入力してみた。するとそれだけで、サイト管理画面(admin)にアクセスすることができた。

 

 

 

 

さらにサイトURLを入力すると、初期画面ではあるがサイトの閲覧もできた

 

 

 

 

これで、今は以下の状況であると想像する。

 

つまり、サイト「あにまるハンド。」はおまいらの可視化に入ったのだ。

今後、私はブログ作成やサイトが見やすくなるようにWordpressの機能を使う。そして、おまいらはこのマイナーサイトを砂浜の中の一粒の砂として見つけるのだ。

 

今、決戦の火ぶたは落とされた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA