資格と開業の知識0の常勤会社員が
爬虫類ブリーダーになるには?
令和2年以降の動物取扱責任者の認可と開業
サイト運営

アクセス解析とは?ConoHaのアクセス解析の特徴【サイト運営】

『あにまるハンド。』です。

前回記事はこちら

本記事は以下の方にお勧めです。
・アクセス解析とは何か
・ConoHa wingのアクセス解析について知りたい

私はこちらのサーバー使っています。

はじめに

前回、ついにサイトの開設が完了した。サイトのカスタマイズとブログ投稿を行っている。PCからもスマートフォンからも行えるので非常に便利だ。

いうなれば、レンタルサーバーの電脳世界で建築会社Wordpressとともに『あにまるハンド。』を構築している状況だ。

サイトも形を成してきたころ、このブログにどれくらいの人が来ているのか気になった。ConoHAレンタルサーバーの機能でアクセス解析があったと思い、確認してみた。

 

 

あれ、結構見てもらえているぞ。自分以外にこんなにみているのか。
これは嬉しい。

 

・・・いやいや。

 

まだ十分とは言えないサイトで、ここまで見る方はいないだろう。
少なくとも週平均のリピーターを得られるような中身ではない。

気になったので、そもそもアクセス解析とは何か、またConoHaのアクセス解析はどのような特徴があるか調べてみた。

アクセス解析とはサイト訪問者の特性や行動を数値化したもの

アクセス解析について調べてみた。以下の用語が一般的であった。より細かい言葉や、サイトの目的に応じた分析考察もあったが、ここではConoHaのアクセス解析と同じ内容にとどめる。

・訪問者数:セッション数。サイト訪問の回数で再訪問で重複する。
    キリ番をゲット!

・PV:ページビュー数。サイト訪問者がページを見た回数。再閲覧で重複する。

・UU:ユニークユーザー数。一定期間にサイトを訪れた訪問者数。重複しない。

『あにまるハンド。』のサイト解析

 

 

後述するが、上の値は恐らく、すべてが私のログイン後の操作で加算されている。

訪問者はサイトに「訪れた回数」を示す。同一人物であってもカウントされるのが特徴だ。ここでは、私がサイトのカスタマイズで訪れた回数と予測される。

PV数はベージの閲覧数だ。これもまた重複してカウントされる。訪問者数から考えると大体、私は一度に20ページを修正あるいは閲覧や内部リンクを稼働させた計算になる。

UU数はユニークユーザーで、同一人物(IP)の場合は大体30分間は加算されないらしい。

調べていて、いろいろな解析値が取得されていることが分かった。公言しにくいサイトでの、わたしのミラクルムーブの軌跡も解析されているのかと思うと怖い。

ディストピア。

ConoHaの解析はページ間の内部アクセスもカウントする

ConoHaの解析を調べた結果、WordPress機能による内部アクセスもカウントされることが判明した。

 

 

 

 

 

 

 

図示してみた。ワタシが記事の修正や編集を行うことで、まずはWordpress内部のプラグインの機能が働く。このプラグイン機能がものによってはページ内に自動アクセスをしているようだ。そして、ConoHaのアクセス解析はこの数値も計測する仕組みらしい。

 

PVが上振れしている仕組みは判明した。

とはいえ、自分のサイトが実際どのように検索エンジンで表示されるのが気になった。試しに最新のブログをキーワード検索してみる。ちなみに普段はURL直入力 or ブックマークだ。

 

・・・・。

 

検索エンジン上に出てこない。過去の記事も出てこない。さらに言うと『あにまるハンド。』自体が出てこない

電脳世界でも仮想サイトと化した『あにまるハンド。』がそこにはあった。

 

 

いや、なかった。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA