資格と開業の知識0の常勤会社員が
爬虫類ブリーダーになるには?
令和2年以降の動物取扱責任者の認可と開業
開業

法人と個人事業の違い、フリーランスとフリーターの違いとは?【開業】

『あにまるハンド。』です。

本記事は開業(個人事業・フリーランス)に興味がある方が対象です。
特に「何をすればいいのか」「どんな準備が必要か」を知りたい方向けです。

とても広く深い話なので、今回は働き方についてになります。

結論から言うとアイキャッチ画像の関係になると考えています。解説は各項をご参考下さい。

本記事は最新版 開業から1年目までの個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金|望月重樹(著)」を参考に『あにまるハンド。』の理解で記載しております。

個人事業・フリーランスを対象に、開業までから1年目の手続きがわかりやすく記載されています。全体は約300ページで、「開業の準備」と「手続き」で100ページ前後の分量でした。

 

個人事業主と法人の違い

開業を考えた場合、個人か法人かで名前、手続き、申告に違いが生じます。そもそも、「法人」とは、同じ目的を持つ個人の集合体を憲法や行政法などの法によって”人”として、法制上の権利・義務を持たせたものと定義できそうです。株式会社や合同会社、学校法人など目的に合わせて法人化できるようです。対して、個人のまま事業を行うことが個人事業主です。

 

 

 

 

 

個人事業とフリーランスの違い

フリーランスと個人事業主には定義上、税制手続き上において明確な違いはないようです。イメージとしては、店舗を構えて経営を行うのが「個人事業主」です。逆に特定の雇用主を持たず広く企業と自由契約を生業とするのが「フリーランス」という印象がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

フリーランス(個人事業)とフリーターの違い

フリーランスとフリーターは別物です。明確な定義はないようでした。総務省統計局によると若年のパート・アルバイト及びその希望者を「フリーター」としています。雇用形態が一時的である若年層、というイメージでしょうか。

総務省統計局が毎月実施している「労働力調査」(詳細集計)により、若年のパート・アルバイト及び就業希望者の人数を年平均で調べることができます。一般的に使用されているフリーターという用語には厳密な定義が存在していないため、「労働力調査」では、若年のパート・アルバイト及びその希望者のことを、便宜上『フリーター』としています。

  • 若年のパート・アルバイト及びその希望者
    年齢が15~34歳で、男性は卒業者、女性は卒業者で未婚の者のうち次の者をいう。

    1. 雇用者のうち勤め先における呼称がパート・アルバイトの者
    2. 完全失業者のうち探している仕事の形態がパート・アルバイトの者
    3. 非労働力人口で、家事も通学のしていないその他の者のうち、就業内定しておらず、希望する仕事の形態がパート・アルバイトの者

なお、厚生労働省は平成3年「労働経済の分析」でフリーターを次のように定義しています。

  • フリーターの定義
    年齢は15~34歳と限定

    1. 現在就業している者については勤め先における呼称が「アルバイト」又は「パート」である雇用者で、男性については継続就業年数が1~5年未満の者、女性については未婚で仕事を主にしている者
    2. 現在無業の者については家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者

16A-Q09 フリーターの人数|統計局ホームページ/統計FAQ

「希望者」、つまり職がなくとも働く意思がある方もフリーターに類するようです。また、働く意思がある無職者はプータロー|wikipediaとも呼ばれます。

NEETはNot in Education, Employment or Trainingの略です。イギリス発の言葉で、定義は国により異なります。日本では教育を受けておらず就労もしていない、年齢15歳 – 34歳の者としています。以下が参照になるのですが、私の環境ではpdf.が途切れて確認できませんでした。

H17青少年の就労に関する研究調査 【PDF形式】|内閣府政策統括官(共生社会政策担当)

 

 

 

 

 

 

『あにまるハンド。』は個人事業主に目的を定めて、開業に必要なことを調査展開致します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA