資格と開業の知識0の常勤会社員が
爬虫類ブリーダーになるには?
令和2年以降の動物取扱責任者の認可と開業
開業

開業に向けた専門家への相談【開業】

起業に際して相談相手となる専門家

『あにまるハンド。』です。

個人事業やフリーランスなど、独立開業をするため情報はネットや参考書で調べることができます。実際に自分事として手続きを行う状況では情報を得るだけでは解決が難しい課題も出てきます。専門家に相談や提案を受けたり実務を依頼することで、これらの問題にも対処できます。

今回は相談相手(ブレーン)について記載します。

 

本記事では、開業(個人事業・フリーランス)に興味があるけど、「何をすればいいのか」「どんな準備が必要か」を知りたい方向けです。過去記事はカテゴリ(開業)を参照ください。

本記事は最新版 開業から1年目までの個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金|望月重樹(著)」を参考に『あにまるハンド。』の理解で記載しております。

個人事業・フリーランスを対象に、開業までから1年目の手続きがわかりやすく記載されています。全体は約300ページで「開業の準備」と「手続き」で100ページ前後の分量でした。

専門家は情報提供だけでなく相談や提案をしてくれる

専門家に相談する最大のメリットは、向こうから懸念事項や提案をしてくれることです。また、手間のかかる作業の実務を依頼できる点です。各項目のメリットを記載します。

提案面

専門知識と経験の活用

専門家は、その分野において深い知識と経験を持っています。対象のビジネスに関する具体的な提案やアイデアを提供し、成功するための戦略を立案するのに役立ちます。

マーケット分析

専門家は市場動向やトレンドを把握しており、競争環境や顧客のニーズに関する情報を提供が可能です。これにより、より効果的なマーケティング戦略を策定し、競争力を高めることができます。

相談面

個別のアドバイス

専門家は具体的な状況や課題に対して個別にアドバイスを提供します。対象のビジネスの特性や目標を理解し、最適な解決策を見つけるために専門知識を活用することができます。

リスク管理

専門家はビジネスのリスクを評価し、適切な対策を提案します。法的な問題や税金の申告方法など、重要な規制やコンプライアンスに関するアドバイスを受けることで、リスクを最小限に抑えることができます。

実作業面

専門的なサービスの提供

専門家は、会計・経理、法務、マーケティング、人事など、さまざまな業務をサポートする専門的なサービスを提供します。例えば、会計士は帳簿の作成や確定申告を代行し、法務アドバイザーは契約書の作成や法的な手続きのサポートが可能です。

時間と労力の節約

専門家の支援を受けることで、実施の必要がある業務や手続きを削減することができます。これにより、時間と労力を節約し、ビジネスの他の重要な側面に集中することができます。

開業に必要な分野と対応する専門家

起業に際して相談相手となる専門家

 

税理士

税理士に相談することで、税金や経理に関する専門的な知識を活用し、法的な要件を遵守しながら効果的な経営を行うことができます。

税務申告

所得税や消費税などの税務申告書の作成や提出を代行ができます。適切な税制優遇措置や節税策を活用し、法的要件を遵守した申告が可能です。

経理・帳簿管理

収支計算や仕訳帳の作成、帳簿の管理など、経理業務をサポートします。正確かつ体系的な帳簿管理は、確実な税務申告や財務分析に不可欠となります。

税務相談・コンサルティング

税務に関する相談やコンサルティングを提供します。法人税や所得税の計画や戦略、節税策の提案、税制改正の影響分析など、税務上の問題や課題に対するアドバイスを提供します。

会計監査補助

監査法人や内部監査部門と協力して、会計監査に関連する業務を補助することもあります。監査報告書の作成や財務諸表の分析、内部統制の評価などが含まれます。

法務関連サポート

契約書の作成や法的な手続き、ビジネスの法的リスクの評価など、法務に関連するサポートも提供することがあります。特に個人事業主にとっては、法的な側面も重要な要素です。

事業承継・相続対策

個人事業主が後継者を指名したり、事業の承継や相続に関する計画を立てる際には、税理士のアドバイスが重要です。相続税や贈与税の対策、事業継続計画の策定などに関与します

社会保険労務士

社会保険労務士に相談することで、個人事業主は労働法の遵守や労務管理の側面で適切なアドバイスや支援を受けることができます。

労働法務

労働法に関するアドバイスを提供します。労働契約の作成や変更、労働条件や労働時間に関する法的な要件についてのアドバイスを受けることができます。

雇用関係の手続き

従業員の雇用に関連する手続きや書類作成をサポートします。採用手続き、雇用契約書、労働規則の作成など、雇用関係における適切な手続きを行うことが重要です。

労務管理

労働基準法や労働保険法に基づいた労務管理のサポートを提供します。賃金計算、社会保険や労災保険の手続き、労働時間管理、労働条件の適正化など、労務管理に関連する業務を担当します。

労働トラブル解決

社会保険労務士は労働トラブルの解決において役立ちます。労働紛争の相談や調停・仲裁の手続きの代行、労働組合との交渉など、労働トラブルに関するアドバイスや支援を提供します。

労働法令の遵守教育

法令の遵守や労働環境の改善に向けた教育・研修を実施することがあります。労働法に関するセミナーやトレーニングを通じて、個人事業主や従業員に適切な労働法の理解を促すことができます。

行政書士

行政書士に相談することで、個人事業主は法務関連の手続きや書類作成に関して、専門的なサポートやアドバイスを受けることができます。

法務関連書類の作成

法務関連の書類作成をサポートします。例えば、会社設立に必要な各種書類(定款、株主総会議事録など)、契約書、各種申請書(営業許可、登記申請など)などの作成や記載内容のチェックを行います。

商標登録・特許出願の手続き

個人事業主が商標登録や特許出願を行う場合、行政書士は手続きの代行や申請書の作成をサポートします。知的財産権の保護に関するアドバイスも受けることができます。

行政手続きの代行

個人事業主に関連する行政手続き(例: 税金・社会保険の手続き、補助金の申請など)を行政書士が代行します。必要な書類の作成や申請手続きの代行を通じて、効率的な手続きを行うことができます。

営業許可の取得

特定の業種においては、営業許可が必要となる場合があります。行政書士は、営業許可の手続きや申請書の作成、関連する法的要件の確認をサポートします。

事業承継・相続関連の手続き

個人事業主が事業承継や相続に関する手続きを行う場合、行政書士は必要な手続きの代行や書類作成をサポートします。相続手続きや事業譲渡契約書の作成などを担当することがあります。

管轄庁や役所との連絡調整

個人事業主と行政機関との間での連絡調整を行います。法的な手続きや申請に関する問い合わせや書類の提出など、円滑なコミュニケーションを支援します。

司法書士

司法書士に相談することで、個人事業主は法的な手続きや書類作成に関して専門的なサポートを受けることができます。

法務書類の作成・変更

法務書類の作成や変更手続きをサポートします。例えば、会社設立に関する書類(定款、株主総会議事録など)、契約書の作成や修正、組織変更に関する手続きなどが含まれます。

不動産関連手続き

個人事業主が不動産を取得・売却する際には、不動産登記や契約書の作成などの手続きが必要です。司法書士はこれらの手続きを代行し、法的な要件を満たしながら不動産関連の手続きをスムーズに進めることができます。

債権回収・債務整理

個人事業主が債権回収や債務整理を必要とする場合、司法書士は債権回収手続きや自己破産手続き、過払い金返還請求などの代理人として活動します。

破産手続きの支援

個人事業主が経済的な困難に直面し、破産手続きを行う必要がある場合、司法書士は破産手続きの支援を行います。個人破産手続きの申立てや手続きの代行などを担当します。

相続手続きの支援

個人事業主が相続手続きを行う場合、司法書士は相続手続きのサポートを提供します。遺言書の作成や相続人の確定手続き、遺産分割協議の支援など、相続に関連する法的手続きを担当します。

訴訟手続きの代理

個人事業主が訴訟を起こす必要がある場合、司法書士は訴訟手続きの代理人として活動します。訴状の作成や裁判所とのやり取り、証拠の収集などを担当します。

弁理士

弁理士に相談することで、個人事業主は知的財産権に関する専門的なサポートを受けることができます。

特許出願

個人事業主が独自の発明や技術を保護するために特許出願を行う場合、弁理士は出願書類の作成や手続きの代行を行います。弁理士は特許庁の手続きに精通しており、適切な出願戦略や特許権の範囲を助言することができます。

商標登録

個人事業主が独自のブランドや商品名を保護するために商標登録を行う場合、弁理士は登録手続きの代行や商標調査を行います。弁理士は商標に関する法的な規定や手続きに詳しく、適切な商標登録を支援します。

特許や商標の権利確認

既存の特許や商標との衝突を回避するために、特許や商標の権利確認を行います。他者の特許や商標との類似性や侵害のリスクを評価し、適切な戦略を提案します。

知的財産権管理

個人事業主が所有する知的財産権(特許、商標、意匠など)の管理に関して、弁理士はアドバイスやサポートを提供します。権利の維持や更新手続き、権利の売買やライセンス契約の作成など、知的財産権に関する戦略的な管理を支援します。

知的財産権侵害の対応

個人事業主が他者からの知的財産権侵害を受けた場合、弁理士は侵害の証拠収集や侵害行為の阻止を目指すための法的手続きを支援します。訴訟や和解交渉の代理人として活動することもあります。

弁護士

弁護士は法的な専門知識を持ち、個人事業主の法的問題に対して包括的なサポートを提供します。

法務相談

個人事業主が法的な問題や懸念を抱えている場合、弁護士に相談することができます。弁護士は法的な知識と経験を活かして、個人事業主に対してアドバイスや解決策を提供します。

契約書作成・レビュー

個人事業主が取引先との契約を締結する際、弁護士は契約書の作成やレビューを行います。弁護士は契約内容の適法性やリスクの評価を行い、個人事業主の利益を守るためのアドバイスを提供します。

不当競争防止

個人事業主が不当競争行為に遭遇した場合、弁護士は不当競争行為の防止や対応策の提案を行います。不正競争防止法に基づく法的手続きや訴訟の代理人として活動することもあります。

労働法務

個人事業主が従業員を雇用している場合、労働法に関連する問題や労働紛争が生じることがあります。弁護士は労働法に詳しく、労働契約の作成や労働条件の遵守、労働紛争の解決策を提供します。

税務相談

個人事業主が税務に関連する問題や疑問を抱えている場合、弁護士に相談することができます。弁護士は税務法に詳しく、適切な税務計画や納税手続きのアドバイスを提供します。

破産・債務整理

個人事業主が経済的な困難に直面し、破産や債務整理を検討する場合、弁護士は手続きのサポートや法的なアドバイスを提供します。

知的財産権紛争

個人事業主が知的財産権に関連する紛争(特許や商標、著作権など)に巻き込まれた場合、弁護士は紛争解決のための法的手続きや代理人として活動します。

中小企業診断士

中小企業診断士に相談することで、個人事業主は経営や事業戦略の面で専門的なサポートを受けることができます。

経営診断

個人事業主の経営状況や課題を診断し、改善策や具体的なアドバイスを提供します。経営戦略の立案や財務分析、業績改善のための施策などを提案し、個人事業の経営をサポートします。

ビジネスプラン作成

個人事業を展開するためのビジネスプランの作成を中小企業診断士に依頼することができます。中小企業診断士は市場調査や競争分析を行い、事業計画の策定や収益性の評価を行います。

事業承継・後継者育成

個人事業主が事業承継や後継者育成を検討している場合、中小企業診断士は事業承継計画の策定や後継者の育成プログラムの立案を行います。事業の継続性や円滑な承継を支援します。

事業再生・再建

個人事業主が経営危機に直面している場合、中小企業診断士は事業再生や再建策の立案を行います。財務改善策や組織改革、新たな事業戦略の提案などを通じて、個人事業の再生を支援します。

マーケティング支援

個人事業のマーケティング戦略や販売促進策に関して、中小企業診断士に相談することができます。市場分析や競合分析、顧客ニーズの把握などを行い、効果的なマーケティング戦略を提案します。

労務管理支援

個人事業主が従業員を雇用している場合、中小企業診断士は労務管理のサポートを提供します。労働法や労働規則の遵守、人事評価や労働環境の改善などに関するアドバイスを行います。

 

法務・税務アドバイザー

個人事業主は法務・税務アドバイザーに相談することで法的・税務上のリスクを最小限に抑え、適切な経営を行うことができます。

法務アドバイス

個人事業主に対して法的なアドバイスを提供します。法的リスクの評価や契約書の作成・解釈、法的規制への適合など、法律に関する様々な問題に対応します。

契約書作成・レビュー

個人事業主が取引先との契約を締結する際、法務アドバイザーは契約書の作成やレビューを行います。契約条件の明確化やリスク管理のために、適切な契約書の作成をサポートします。

法的リスク評価

個人事業主が直面する潜在的な法的リスクを評価します。業務運営における法的なリスクや問題点を特定し、予防策や対応策を提案します。

税務アドバイス

個人事業主に対して税務に関するアドバイスを提供します。適切な税務計画や節税策、申告手続きや税務規則の遵守に関するアドバイスを行います。

税務申告書作成・提出

個人事業主は、税務アドバイザーに税務申告書の作成や提出を依頼することができます。正確で適切な申告書の作成を通じて、税務手続きを円滑に進めます。

税務調査対応

個人事業主が税務調査を受けた場合、税務アドバイザーは調査への対応を支援します。必要な書類や情報の提供、税務当局との交渉など、税務調査に関する専門知識と経験を活かして対応します。

法的コンプライアンス

個人事業主が法的な規制やコンプライアンスに適合しているかを確認します。適切な法的手続きや規制への対応をアドバイスし、法的なトラブルを未然に防ぐサポートを提供します。

会計士

会計士に相談することで、個人事業主は正確な会計処理や税務管理、財務分析などを専門家のサポートを受けながら行うことができます。

会計業務

個人事業主のために日常的な会計業務を担当します。収入や支出の記録、仕訳の作成、決算書の作成など、会計処理に関する業務を適切に行います。

会計監査

個人事業主が監査を必要とする場合、会計士は会計監査業務を実施します。財務諸表の監査や内部統制の評価を行い、法的要件や業界の規制に準拠しているかを確認します。

税務申告業務

個人事業主の税務申告業務をサポートします。所得税や消費税などの申告書の作成や提出、税金の計算、節税策のアドバイスなどを行います。

経営分析・財務アドバイス

財務データの分析や解釈を通じて、個人事業主に対して経営分析や財務アドバイスを提供します。財務指標の評価や収益性の向上策、資金調達や投資計画に関するアドバイスを行います。

内部統制の評価

個人事業主の内部統制を評価し、適切な改善策を提案します。内部統制の強化は、不正の予防や業務効率の向上に寄与します。

予算策定・予実管理

個人事業主のために予算策定や予実管理の支援を行います。具体的な目標の設定や収支の予測、予実の比較分析を通じて、経営の透明性や効率性を高めます。

会計システムの導入・改善

個人事業主の会計システムの導入や改善を支援します。効率的な会計ソフトウェアの選定や設定、業務フローの見直しなどを行い、会計業務の効率化を図ります。

ビジネスコンサルタント:

ビジネスコンサルタントに相談することで、個人事業主は経営戦略の策定や業務プロセスの改善、市場展開や成長戦略の立案など、経営の幅広い領域で専門的なサポートを受けることができます。

ビジネス戦略の策定

個人事業主のビジネス戦略を立案・策定する支援を行います。市場調査や競合分析を通じて、適切な市場参入戦略や成長戦略を提案します。

マーケティング戦略の策定

個人事業主のマーケティング戦略を策定するための支援を行います。ターゲット市場の特定やセグメンテーション、プロモーション戦略の立案など、マーケティング活動に関するアドバイスを提供します。

事業計画の作成

個人事業主のために事業計画を作成するサポートをします。具体的な目標設定や戦略の具体化、予算策定やリソースの配分計画など、綿密な事業計画の策定を行います。

プロセス改善・効率化

個人事業の業務プロセスや運営の改善・効率化をサポートします。業務フローの見直しや自動化の導入、業務効率向上のためのベストプラクティスの提案などを行います。

リスク管理

個人事業主のリスク管理に関するアドバイスや支援を提供します。リスクの特定や評価、リスク対策の策定や実施計画の作成など、事業の安定性や持続可能性を確保するためのリスク管理に関する支援を行います。

組織・人材マネジメント

個人事業主が組織や人材を効果的にマネジメントするための支援を行います。組織の設計や人材採用・育成戦略の策定、パフォーマンス管理や報酬制度の見直しなど、人材面の戦略的なアドバイスを提供します。

成長戦略の立案

個人事業主が事業を成長させるための戦略立案をサポートします。新規市場の開拓、事業拡大のためのM&A戦略、商品やサービスのラインナップ拡充など、持続的な成長を促進するための支援を行います。

先輩の開業家や同業者

先輩の開業家や同業者との関係を活用することで、経験豊富なアドバイスや業界の情報、ビジネスネットワークの拡大など、実践的なサポートを受けることができます。ただし、相手のスケジュールや事情に配慮し、相談や協力の依頼をする際には丁寧にお願いすることが重要です。

メンタリングやコーチング

先輩の開業家や同業者に自身の経験や知識を共有してもらい、アドバイスや指導を受けることができます。開業や経営に関する相談や課題解決、キャリアのアドバイスなど、個人的な成長やビジネスの向上に役立つ支援を受けることができます。

ネットワーキング

先輩の開業家や同業者との関係を築き、ビジネスのネットワークを広げることができます。情報交換やビジネスのパートナーシップの機会を得ることで、新たなビジネスの展開や協業の可能性を広げることができます。

業界知識やベストプラクティスの共有

先輩の開業家や同業者は、業界における知識やベストプラクティスを持っています。彼らからの情報や経験の共有を通じて、業界のトレンドや成功事例、失敗事例などを学ぶことができます。

同業者間の協力や情報共有

同業者同士で情報やリソースを共有し合うことで、相互支援や協力関係を築くことができます。共同プロジェクトやマーケティングの連携、情報交換やアドバイスの提供など、同業者との協力関係を通じてビジネスの成長や競争力の向上を図ることができます。

ビジネスパートナーシップの形成

先輩の開業家や同業者との関係を深めることで、相互の強みを活かしたビジネスパートナーシップを形成することができます。共同プロジェクトや提携、商品やサービスの相互紹介などを通じて、相互のビジネスの拡大や新たなビジネスチャンスの創出を図ることができます。

専門家の見つけ方

これらの方法を組み合わせて活用し、自身の個人事業に適した専門家を見つけることが大切です。また、専門家選びの際には、経験や専門分野、信頼性などを考慮し、複数の候補を比較検討することも重要です。

ネット検索

インターネット検索エンジンや専門ウェブサイトを活用して、個人事業に関連する専門家を探すことができます。例えば、税理士、社会保険労務士、行政書士などのキーワードで検索すると、専門家のリストやウェブサイトが表示されます。

専門家の組織や協会

個人事業に関連する専門家の組織や協会に連絡し、専門家のリストや紹介を依頼することができます。例えば、税理士会、社会保険労務士会、行政書士会などは、専門家のリストや紹介サービスを提供しています。

口コミや紹介

先輩の開業家や同業者、友人、知人などから専門家の紹介を受けることも有効です。実際にその専門家と取引経験のある人からの情報は信頼性が高く、自身のニーズに合った専門家を見つけるのに役立ちます。

セミナーやイベント

個人事業に関連するセミナーやイベントに参加し、専門家と直接話す機会を得ることができます。セミナー講師やパネリストとして参加している専門家に質問や相談をすることで、専門家の知識や経験を活用することができます。

プロフェッショナルネットワーキングサービス

プロフェッショナルネットワーキングサービスやビジネスマッチングプラットフォームを利用すると、自身のニーズに合った専門家を探すことができます。プロフィールやレビューを参考にしながら、専門家とのコネクションを築くことができます。

広告

これらの方法を活用して、個人事業に関連する専門家の広告を見つけることができます。ただし、広告を見つけた場合は、広告主の信頼性や実績、評判などを確認することも重要です。また、広告に表示されている情報だけでなく、個別の相談や詳細な情報を得るために直接連絡を取ることもおすすめです。

インターネット広告

インターネット上の広告ネットワークや検索エンジン広告を活用して、専門家の広告を見つけることができます。キーワードや地域などの条件で広告をターゲットし、関連する専門家の広告を表示させることができます。

ソーシャルメディア広告

Facebook、Instagram、Twitterなどのソーシャルメディアプラットフォームを活用した広告を利用することもできます。ターゲットユーザーのプロフィールや興味関心に基づいて広告を配信し、専門家の広告を表示させることができます。

業界専門のウェブサイトやメディア

個人事業に関連する専門のウェブサイトや業界メディアに広告を掲載することで、専門家を見つけることができます。特定の業界や専門分野に特化したサイトやメディアは、専門家の情報や広告が多く掲載されていることがあります。

オンラインディレクトリ

オンラインディレクトリサービスや専門家のリストを提供するウェブサイトを利用することも一つの方法です。業種や専門分野、地域などの条件で検索し、広告やプロフィールを閲覧することができます。

まとめ

開業のために自分で調べて行うことも重要ですが、リスクや予算次第でブレーンを頼ることも大切です。私の場合、お世話になっている公認会計士の方に相談する形で考えています。

以上、個人事業主の専門家への相談でした。

 

本記事は以下の書籍を参考に作成しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA